【神経芽腫】(8)このまま進めてもいいの?

神経芽腫
スポンサーリンク

 

同じ病名でも、症状など一人一人異なります。
あくまでもかずぼーの場合はこうだった、という振り返りながらのお話です(*^^*)

神経芽腫
同じ病名でも、症状など一人一人異なります。 あくまでもかずぼーの場合はこうだった、という振り返りながらのお話です(*^^*)

 

副作用との闘いは
その時点でのかずぼーは
壮絶なものではなかったけれど

やっぱりきつそうで

抗がん剤の効き目はというと
1クール目が終わった時点で
頭の腫瘍も半分以下の厚さに
なっており

画像検査や腫瘍マーカーでも

腫瘍マーカー【がん治療.com】
腫瘍マーカーについて、特徴・がんの種類ごとの分類・がん細胞との関係・歴史・検査値の読み方など様々な観点から解説します。腫瘍マーカーを測定することによって、がんの有無や進行度、治療効果などを、ある程度は把握することができます。


全身のがん細胞は
ほとんど消えていました。


それほど効果があったので

こんな状態なら
途中で終わってしまって

最後に更に強い
大量化学療法まで
する必要はないんじゃないの?

そんな気持ちが出てきていました。

 

ヒーローのポーズにハマるかずぼー

戦隊もののポーズにハマるかずぼー。


でも主治医が言うには
ステージⅣともなると

中途半端に終わらせてしまうと
またすぐに再発してしまう可能性があり

そうすれば次は
今使っている薬に対して
耐久性もついているので

別の抗がん剤を使ったり
強い薬を使うことになるかもしれない。

そのときは
今ほどの体力も無いだろうし
更にきつい思いをするかも。

それを避けるため
体力があるならば
大量化学療法まで行って
確実にがん細胞をやっつけるべき。

そうおっしゃっていました。

そっか。
ここまできたからには
できるだけのことは全てやって
退院したいな。

不安が消えたわけでは
ありませんでしたが

きっと上手くいく!と
信じて…頑張るしかないと
決意した日でした。

区切り線

やはり抗がん剤治療の
回数を重ねるごとに

白血球の数値が
下がってから回復するまでに
時間がかかるようになってきて

この状態で
大量化学療法を行ったら…

治す目的で治療をしているのに
万が一悪い方へいったら…
いやいやいや…そんなことない!

など
色々と悩んで考えて
自問自答することも
よくありました。

できることなら
私が代わってあげたい。

毎日、そう思っていました。

区切り線

 

ブログランキングに参加しています。

↓応援クリックよろしくお願いします!↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


FC2ブログ

インスタグラムはじめました
スポンサーリンク
ちぃママをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
からふるきょうだい

コメント

タイトルとURLをコピーしました